無料引取できる理由

なぜ無料で引取出来るのか。
その理由は、全工程完結型の業務フローにあります。
オフィサイクルでは、回収~解体~素材化まで、全ての工程を自社と提携リサイクル企業の2社で行っております。
中間業者をなくし、徹底した細分化で素材の価値を最大限に高めることで利益を生み出しています。
そのため、利用者に処分費用を負担いただかなくてもリサイクルをすることが可能になっております。
また、全ての工程を自社と提携工場内のみで行うことにより、第三者へのデータ漏洩のリスクを大幅に軽減しています。
回収案件の場合は、以下の工程でリサイクルが行われます。

回収

回収

廃棄物運搬許可を取得したリサイクル企業のトラックで回収に伺います。
処分台数が1000台単位でも安心してご利用いただけます。
10トントラックから小型のトラックまで、案件に合わせて車両を用意いたします。

積荷

積荷

お預かりした依頼品の積荷を行います。
車両への積み込みはオフィサイクルのスタッフが行います。
回収担当はフォークリフトの免許を取得しておりますので、依頼品をパレット状にしてお待ち頂いても結構となります。
ご希望の場合は、オフィスからの搬出作業も承っております。

荷降ろし

荷降ろし

お預かりした商品はそのままリサイクル工場に運ばれます。
このリサイクル工場にてオフィサイクルのスタッフによって解体が行われ、素材毎に細分化が成されます。

仕分け

荷降ろし

依頼品は全て解体ヤードに運ばれ、商品ごとに仕分けされます。
その際、依頼品の台数確認を行います。

解体・分別

素材ごとに分別が行われます。

オフィサイクルのスタッフがヤード内にて解体作業を行います。お預かりしたパソコンは、流れ作業によって解体されていきます。

データ消去

荷降ろし

物理破壊によるデータ消去専用機のCrushBoxなどを使用して、ハードディスクのプラッタやSSDのメモリチップ等を完全に破壊します。
記録部位が完全に破壊されたハードディスクは、素材としてのリサイクルが行われます。

素材のリサイクル

国内の主要なリサイクル会社に、細分化した素材の卸売りを行います。
細分化の過程で出てくるリサイクルできない廃棄物(木材など)は、法令順守の上、適正に逐一廃棄処理をしています。

COPYRIGHT © 2013- Officycle オフィサイクル ALL RIGHTS RESERVED